「中津川栗きんとん」とは
岐阜県中津川市
昔、木曽路の玄関口、中山道45番目の宿場町として栄えた中津川宿。
旅人、商人、文化人など多くの人々が集まり、学問文化芸能の交差点として賑わいました。
栗の名産地美濃の国では、栗を使った食文化が栄えました。
中津川は「栗きんとん発祥の地」として、現在でも栗きんとんを作る和菓子屋が軒を連ねます。
初栗収穫後、毎年9月、和菓子屋には「中津川栗きんとん」が一斉に並びます。
栗がなくなったらおしまい。9月から翌年の2月ごろまでの販売です。
お正月、おせち料理の甘い「それ」とは違います。
茶巾で絞った「中津川栗きんとん」
どれも同じに見えますが、お店独自の味に仕上がります。
中津川にお越しの際は、ぜひ、各店の味の違いをお楽しみ下さい。


栗菓匠七福「中津川栗きんとん」
秋9月、初栗収穫後、中津川栗きんとんは始まります。
栗を洗浄し、丁寧に選別します。
蒸器で一気に蒸し上げます。
栗をくり抜きます。
鬼皮・渋皮・変色など細かい粒子を丁寧に取り除きます。
砂糖だけで炊き上げます。
職人の手により一粒一粒茶巾で絞ります。
中津川栗きんとんのできあがり。
加えるものは砂糖だけ。保存料・香料など一切使いません。
ごまかしのきかない繊細なお菓子のため、お店独自の味が際立ちます。

七福の栗粒いっぱい「中津川栗きんとん」の特徴は、大粒、小粒、栗粒の存在感が自慢です。
栗よりも栗香がのこる上品な甘さ。
幾重にも織りあった味と香りがお口の中でほどけます。
なんと言っても色がよくなければ中津川栗きんとんではありません。
一粒の栗きんとんに生栗を3〜4個使います。
栗の美味しいところをぎゅっと絞った中津川栗きんとん。
日本酒の純米酒というところでしょうか。
栗よりも栗らしい個性際立つ自慢の味です。
栗きんとんのおはなし2
栗きんとんおはなし栗きんとんのおはなし4栗きんとんおはなし5栗きんとんのおはなし6

 

ホーム
トップ